相見積もりを取る事を相方に伝えて良いか

プロへの相談で安心の家造りへ!

    
新築・リフォーム・リノベーションの際、
    自分に合った建築家が見つかります!
    >>>建築の無料相談・見積

相見積もりを取ることを双方に伝えて良いか

 

  設計事務所に頼んだ場合、建築家が数社の工務店から相見積をとってくれます。
  予算の管理も建築家の重要な仕事の一つです。
  (*建築家が設計事務所長の場合が多い)

 

  建築家に見積り相談した場合も、建築家が地元の工務店数社に相見積もりを依頼してくれます。
  その際、工務店同士の繋がりで情報が筒抜けという事はある様です。

 

  実際、他の工務店と比べられるのは、気分のいいものではないでしょう。
  また、お互いに会社を継続していかなければいけないわけですから、利益を見込んだ同じような
  金額が出てくるのもうなづけます。

 

  初めに1社に見積もり依頼し、それを別の工務店に提示して、これより安くならないか?
  と、直に聞いてくる施主の方もいらっしゃる様。

 

  地元の場合、近しい関係というのもありますので、ここの部分をこの部材にしてもう少し安くとか、
  造りをこう変えて予算内でという提案もあるようです。

 

  職人の単価を安くしてくるところは気を付けた方がいい。という意見もあります。

 

  建築家に頼んだ場合、工務店の見積書を「読んで」、プロの目で見積もり金額が適正かどうか
  を判断し、アドバイスをしてくれます。
  素人にとっては、心強い、施工業者選びの為のポイントにもなります。

 

  相見積もりを取ることを双方に伝えるかどうかは、建築家が対応してくれることでしょう。

 

  リフォームやリノベーションの場合、見積は、現場調査に来ていただいてから。
  という事になりますので、来ていただく日程がダブらぬよう配慮が必要です。
  相見積を取ることを双方に伝えるのはかまわないでしょう。
  その上で、リフォームやリノベーションの条件や要望を同じにして伝えることで、他の工務店との
  比較・検討がし易くなります。
  色んな提案のかたちが出ることで、見積金額も違ってくることでしょう。

 

  これらの点を考慮したうえで、
  自分が依頼した建築家を信頼し、分析・判断を仰ぎたいものです。

 

  不明な点があれば、早め早めに質問し解決していきましょう。

 

 

  >>>借入金・補助金の相談も・・・