住宅ローンのメリット・デメリット

プロへの相談で安心の家造りへ!

    
新築・リフォーム・リノベーションの際、
    自分に合った建築家が見つかります!
    >>>建築の無料相談・見積

住宅ローンのメリット・デメリット

  家を新築するにしても、リフォーム・リノベーションするにしても、資金計画は大切です。
  もし、借り入れが上手くいったとしても、返済計画を立てる際の詰めが甘く、忘れていた
  項目等があった場合、長い人生が窮屈なものになることでしょう。

 

  お金を使いたいだけ使え!
  と言う事ではありませんが、家族の幸せを考えて家を新築、リフォーム・リノベーションを
  してから、ローンを返済するまでの人生にも楽しみは欠かせません。

 

  家にもお金をかけ、ローンも返しながら自分たちの人生も楽しめるようにもう少し考えて
  みましょう。

 

  住宅ローンには大きく分けて3つの金利タイプがあります。

 

  ○全期間固定金利型
   借入時の金利が、返済し終わるまで変わらないタイプ。
   金利が上がっても下がっても借入時の金利のままです。
   現在、低金利が続いています。将来金利が上がっても、現在のままの金利で返済し
   続けられるのはメリットと言えましょう。
   これが、バブル時のように金利の高い時期に借入し、バブルがはじけた後に何年もかけ
   ての返済になるとしたなら、デメリットとしか考えられません。
   住宅金融支援機構と民間金融機関の提供による「フラット35」等があります。

 

  ○変動金利型
   金融情勢の変化に伴い、返済途中でも定期的に金利が変動するタイプ。
   適用金利の見直しはは半年に1回。返済額自体は5年間変わらず、上がっても1.25倍
   まで。但し、借入し始めの5年間のうちに、金利が上昇しすぎ、極端に言って毎月の支払い
   利息が、毎月の返済額を超えてしまう場合があります。そういう場合、元本が全然減らない
   だけでなく、払いきれない利息額が発生します。これにより返済計画に狂いが出てきます。
   これがデメリットになる場合があるでしょう。
   但し、他のローンに比べ金利が安いというメリットもあります。

 

  ○固定金利期間選択型
   一定期間固定金利型でその後変動金利型になるタイプ。
   民間金融機関のローンの一つ。金利を固定できる期間は金融機関によって異なり、
   2年・3年・5年・7年・10年などから選べることが多い様です。一般的には、お客様の意思
   を受け、固定期間終了時点の金利水準で再度、固定期間を選択できるようになってい
   ます。但し、固定期間終了時の金利が分からないというのはデメリットかもしれません。
   「フラット35S」等があります。

 

 

  どれを選ぶにしろ、事前に金融機関に足を運び、試算をして頂くことが役に立ちそうです。
  上記の金利タイプを比較検討してみるとよいでしょう。

 

  また、日ごろから、日本の経済動向を把握し対応できるようになっておくことが、住宅ローン
  返済の重圧から自分を守ってくれることにもなりそうですし、経済学に強い家族がいれば、
  ますます安心と言えそうです。

 

 

 

   >>>イメージに近い資料集め