建築図面の見方

プロへの相談で安心の家造りへ!

    
新築・リフォーム・リノベーションの際、
    自分に合った建築家が見つかります!
    >>>建築の無料相談・見積

建築図面の見方

 

  建築設計図面には大まかに分けて次の2つがあります。

 

  基本設計図 打合わせの初期段階に提示される図面で、
            建主が建物を把握するためにつくられる図面 縮尺1/100
  実施設計図 施工者が建物を建てるためのより詳しい図面 縮尺1/50

 

  ここですごく基本的なことをお伝えします。
  職業によっては、図面を見るのは中学校以来と言う方もたまにいらっしゃいます。
  ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、平面図等を見る場合、
  普通であれば上方向が北、
           下方向が南、
           右方向が東、
           左方向が西、となっています。

 

  方位記号も記載されていますので、図面をぐるりと見て頂くとお分かり頂けます。

 

  上方向が北になっていない場合も、方位記号はしっかりと記載されていますので、
  それに沿って方位を確認されるといいでしょう。

 

  また、立面図の場合は、どの方向から見たものか、しっかりと文字で記載されてい
  ますので、平面図と照らし合わせながら見ていくと分かりいいでしょう。 

 

 

 基本設計では次のようなものがつくられます。

 

  配置図 敷地に対して建物がどのような配置となるかを真上から見た状態で示したもの。
           確認ポイント 門から建物、車庫、庭の位置。
           動線を考えながらの玄関・勝手口の位置。
           道路や隣地との境界。
           排水ルート、水道・電気メーターの検針のし易さ
           採光・通風・視線を通しての隣家との関わり。

 

  立面図 東西南北の4方向から見た外観を示したもの。
           確認ポイント 建物全体のバランス。
           窓の位置と高さ、
           隣地との関係(窓が向き合っていないか)
            軒やデッキの寸法、屋根の勾配と庇の長さ
          この図面を見ながら自分がイメージしていた家との照らし合わせが行えると思います。
          デザイン面での不満がありましたら、早めに質問し、自分の要望を提示されるといい
          でしょう。

 

  平面図 間取り図のこと。階ごとに真上から見た状態でしめされる。
           確認ポイント 寸法は壁の芯から芯までで表示されている。
           (家具の配置等を考慮する場合は特に注意)
           部屋の広さ、配置、動線。
           階段やドアの幅や位置。
           水周りや収納部分の広さや位置。
           和室の場合、基本的に畳の長手方向は約182cm、短い方が91cmになります。
           それをもとにするとイメージし易いですね!
           細かい寸法が気になる場合は、建築士に確認するといいでしょう。

 

  断面図 建物を垂直に裁断した際の断面図。
  (矩計図)   基礎の高さや構造、壁の断面、屋根の勾配や天井裏の部材等、
           建主が内部構造を知る上では目を通しておいてほしいものです。 
            確認ポイント 基礎の高さ。土台の強度。
           地盤面や床下の防湿・防腐・防蟻処理。
           断熱材の厚さ、入っている場所。    
           天井やドア、2階の窓の高さ。
           安全性。
           壁の部分などは、サンドイッチの具材を覗いた様にも見えます。
           内部がどの様になっているかを知ることで、子供が壁に穴を開けた場合の対処や、
           天井裏をチェック・補修するさいに注意して確認や行動が出来そうです。

 

 

  確認事項が多いように感じられますが、出来上がりを見据えた楽しい打ち合わせが時間を
  短縮してくれることでしょう。

 

  良く分からない点は、早めにご質問を^^

 

 

  >>>建築見積書の見方