建築見積書の見方

プロへの相談で安心の家造りへ!

    
新築・リフォーム・リノベーションの際、
    自分に合った建築家が見つかります!
    >>>建築の無料相談・見積

建築見積書の見方

 

  見積書の構成は以下のようになっています。

 

  表書き・・・施主名・工事名・見積もり総額
  工事費内訳書・・・本体工事・別途工事
  工事内訳明細書・・・工事の種類ごとに細かい内容の金額を提示
  標準外工事明細書・・・標準仕様以外のオプションしたものなどの明細

 

  ハウスメーカーと工務店では見積書の出し方が違ってきます。

 

  建築家に依頼した場合は工務店の明細書となりますので、まずはこちらから見ていきましょう。

 

  工務店の見積書は、一式表示ではなく、工事ごとの費用が記載されます。
  工事内訳明細書には、数量・単価・金額が明記されますので、図面との照らし合わせがし易く、
  不満点や不明点を指摘・質問しやすいと思われます。それが、建築家からのアドバイスの受け
  易さにもつながり、安心感にも繋がることでしょう。

 

  とはいえ自分での一通りのチェックも必要です。
  自分の思い込みが違っていた!という事もありますので、
  良く見ることにより、気付く点もあり、早めの解決と納得に繋がっていくと思われます。

 

 

  ハウスメーカーの見積書の場合は、本体工事費と別途工事費に大きく分けられ、それぞれの
  工事が一式表示されます。
  その上で、それぞれの工事の中身を確認できる仕様書が付帯されます。

 

  契約前に詳細見積もりを取ることで、大きな予算オーバーを回避できます。

 

  チェックポイント
  ・図面とも照らし合わせながら、チェックする。
  ・恥ずかしがらずに不明点は早めに質問する。
  ・消費税の記載を確認する。
  ・別途工事の内容も確認する。
  ・使用部材も確認する。
  ・コストを抑えたい場合、建築家にも相談しながら。
   (耐久性に関わる部分は削らないほうが良い。
    健康面・防犯面を考えることも必要。)

 

  細かい作業となりますが、インテリアに凝っている方にとっては材料の確認も重要なポイント、
  そして楽しみにもなるでしょう。

 

  自分の不明点の説明が、くどいかな?
  とご自分で思われることもあるかもしれません。
  それでも、専門的な表現が分からないのは誰でも同じです。
  一度、紙に書き出し考えを整理してみるのもいいと思います。

 

  また、家族でケンカになることもあるようですが、どこのお宅でも少なからずあることです。
  そういう場合も、箇条書きにして質問してみるといいでしょう。
  細かいと言われても、ここでしっかりと質問し納得することでこれからの気持が違っていくと思わ
  れます。

 

  工事後の家がいくらでも住み良いものになるように、気を抜けないところです。

 

  この際も自分に合った建築家に相談できるのは、安心ポイントが高い!
  と言えそうです。

 

 

  

 

 

   >>>施工例を見てから見積依頼・・・