施工例を見てから見積もり依頼したい

プロへの相談で安心の家造りへ!

    
新築・リフォーム・リノベーションの際、
    自分に合った建築家が見つかります!
    >>>建築の無料相談・見積

施工例を見てから見積もり依頼したい

 

  施工例として分かりやすい所と言えば、ハウスメーカーのモデルハウスやマンションの
  モデルルームでしょうか。
  直に又は、予約を入れて見学に行くことが出来ます。
  また、工務店等の入居前見学会を利用して施工例を見せて頂くのも良いでしょう。

 

  実物を見学したうえ、経費も教えて頂けます(教えていただけない場合もあり)ので、後で見積依頼する際
  の基準にもなります。

 

  また、見学した施工会社の物件が自分の嗜好から外れている場合、
  無理に見積依頼することはありません。

 

 

  家族構成 30代後半の夫婦+小学生(男)2人のご家族の例

 

  0から始めてオリジナルのマイホームを建築家と共に作りたい!
  と言うのなら、住宅プロデュース会社の「設計コンペ」も良いですよ。
  我が家では、ネットで調べ住宅プロデュース会社の「設計コンペ」に行って来ました。
  プロデュース料はかかりますが、何せ全てが初めてのこと・・・
  何人かの建築家さんの作品を見せて頂き、その日のうちに頼みたい建築家さんが決まりました。
  施工例を見せていただきながら、こちらのイメージを伝え話を聞いているうちに、自分たちに合う設計事
  務所さんに巡り合った!という感じです。
  予算の管理も建築家の重要な役目なそうです。
  何軒かの工務店から相見積もりを取り、内容を比較・検討、適切なアドバイスをして頂きました。
  こちらの的を射ない質問にも、丁寧に答えて下さいました。
  予算から見てあきらめるところもありましたが、打ち合わせは楽しく、子供たちにとっても満足のいく家が
  出来上がりました。

 

  こちらは、施工例から自分に合った建築家を選び、家づくりを成功させた方のお話でした。

 

  

リビング.jpg

 

  完璧な出来上がり!という事もあるにはある
  ことでしょう。

 

  もし、出来上がったときに、
  「100%ではない!」
  「ここがどうも!」
  というところがあったとしても、
  自分たちの工夫で、
  どんどん愛着のあるマイホームとなっていく
  場合が多いようです。

 

  とは言え、お客様に出来るだけ満足していただける家づくりを建築家や施工会社、ハウスメーカーは
  心がけています。これから家作りをしたいという意向を伝えての、事前の下調べや質問には、丁寧に
  対応してくれるでしょう。

 

 

 

 

  未購入物件の同行見積も行っています ↓ ↓ ↓
  
  
  

 

 

   >>>相見積もりを取ることを・・・